コロナになって思うこと

 data-srcset 学び

こんにちは。心整体 いきいき堂の岩野です。

今日は10年に1度の寒波がやってくるとTVニュースは伝えています。外でもチラチラ雪が舞い始めました。暦(こよみ)は大寒です。TVニュースをみると異常気象だ!大変だ!大変だ!という印象を受けますが、昔からこの時期は最も寒いと言い伝えられているのです。ですから、大騒ぎせず季節を楽しみながら、風邪をひかないように用心してやり過ごすしかないですね。

風邪といえば、私、昨年12月にコロナウイルス陽性と診断され、7日間の療養期間を過ごしました。コロナになってみてどうだったのか・・・そのあたりをお伝えしたいと思います。

結論を先に言いますと、発熱は3日、最高は38.3°、発熱時は頭痛がひどく、寝れない状況でした。その後はちょっと微熱36.8°が続いて7日間が終わりました。味覚、臭覚、食欲はありました。喉の痛みは無かったですが、少しだけ咳がありました。7日間で治ったかと思われましたが、大晦日までなんとなく不調が続いておりました。年が明けると同時に体調もガラッと入れ替わり、普通どおりに戻った!という状況でした。

コロナになった感想ですが、今までもこのような風邪症状を体験したことはあるので、コロナだから特別なものであるとは感じませんでした。人それぞれなんでしょうね。

私はワクチン接種していないので、家族や知人から重症化するのではと心配の声をいただきましたが、大丈夫でした。

ワクチン接種していないから反ワクチン主義なの?とよく言われます 笑特にそのような主張をしている人ではありません。陰謀論者でもありません。

私が施術している整体は「無為自然」を主張しています。その主張にしたがって行動しているだけです。逆に無為自然の教えだったから、私はこの整体を学び、実施しているのが正しい表現です。

なぜ「無為自然」にこだわったか?
それは私がサラリーマン時代に遡ります。

私は季節の変わり目になると体調を崩すことが多くありました。体調が悪くなるとすぐに病院、解熱薬、抗生物質などに頼っていました。そして毎シーズン同じことの繰り返し。栄養ドリンクなどにも頼っていました。

ある時、私の知り合いの武道家にカラダのことについて伺う機会があったのです。その方に言われたことは次のとおりです。

  • 自身のカラダは地球上の生物、生き物であることを認識すること
  • なるべく不自然なものに頼らないこと
  • 自分のカラダを過保護にしないこと

そう言われた時に、「そうか!そう言われれば、地球上のあらゆる動物や植物と同じ生き物であることを忘れているなぁ」と思ったことを覚えています。そして寒い時期におっしゃったので、

  • 薄着(皮膚を鍛える)
  • 鼻毛や唾液を信じる(自己の免疫力)
  • 食事や睡眠に気を配る

昔、おじいちゃんに「かすり傷は、唾をつけときゃ治る。」とか「夏に海に入ると冬に風邪をひかない」などと言われたことを思い出しました。同じようなことなんだろうなと私は理解したのです。
そのように自分自身で日頃から鍛える、いや鍛えるのはできないにしても気を付けながら生きる。

では、病に屈した場合はどうするのか?

その時はそれに従うしかない、自然の摂理に従うしか無いのです。地球上の生き物だからです。

今まで親、親戚、知人友人、動物、様々な死を見てきました。私も死ぬの怖いと思うこともあります。しかし、絶対に生き続けることはできない、いつかは別れなければならないのです。

ですから、コロナを過剰に恐れたり、なんとか生き延びてやろうと防護服を着たりしているシーンを見ると滑稽でならないのです。先日、私はスーパー銭湯でスッポンポンでマスクしている人を見ました。うつると人に迷惑をかけるからという理由なのでしょうが、最終的に自分を守るだけにしか私には見えません。

超ミクロサイズの見えないウイルスです。地球上の自然な生き物です。彼らは生き延び、子孫をつなぐために人にうつると見聞きしました。

私たちは自分の力で立ち向かうしかないと思っています。日頃いい加減なこと(不自然に頼る、自分のカラダに気を配る)をするのを止めようと思います。

恐怖におののき不自然なことをするより、目の前のことを精一杯やり、明るく楽しく自然体で過ごすことが一番良いのではないかと思います。

コロナになってみて思う今日この頃でございました。
それでは、また!

原因がわからない不調でお悩みの方は「心整体 いきいき堂」へLINEでご相談ください

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました