4/28(日) 心整体法ワンディセミナーを開催します詳細はこちら

つらい症状をお持ちの方と向き合う、私の想い

心整体 いきいき堂は自律神経不調専門(自律神経失調症・パニック障害・起立性調節障害・頭痛・めまい)として特化させていただいている。

これらの症状は病院で検査しても、ほとんどが異常なしと診断される。
しかし、病院で「どうしたらいいか?」と尋ねると、薬が処方される。
またはメンタルクリニックを紹介される。

だが、メンタルクリニックに行っても、薬が処方される。
向精神薬で対処していることがほとんどだ。

それで改善すればいいが、なかなかそうもいかない。
だから、処方が続く。

私の想像ではあるが、原因がはっきりしないけど症状は出ている状況だと、患者さんからは「なんとかしてくれ」と言われる。だから、薬を処方しておく。処方しておけば、患者も納得するだろう。的なことではないか。儲かるし。
関連記事を参考にしていただければと思う。

メンタルクリニックに通っていたお客様が皆口を揃えて同じことをおっしゃる。
何度通っても、パソコン画面を見ながら「どうですか?」と聞かれる。
まだ、症状が続くと告げたら、「2週間分の薬を出しておきますね」となるそうだ。
その間、身体に触れることもない。わずか10分程度。
他に痛いところがあると告げると、さらに痛み止め。そして胃が荒れるので胃薬。というように薬がどんどん追加される。

すべてがそうではないと信じているが、お客様からヒヤリングすると内容はほとんど同じである。
費用は保険適用だから、毎月給与天引きであることと自己負担3割だから、あまり気付けないと思うが、1回1〜2万円程度病院に対して支払っている(会社負担含めて)と思う。10分で1〜2万円だ。

現代医学は確実に進歩していると思うが、病気は減らずに増えている。それに伴い、国民医療費も年々増加する一方だ。(厚生労働省のホームページをのぞいてみればわかる)きっと、この負債は子供達の世代へ引き継がれる。

私はそうした現実に微力ながら抗いたい。

薬だけの医療を受けている方々は路頭に迷っている。お話を伺っていると、人生の希望を見失っている感じがする。私は「人生に希望を持って、いきいきと暮らせる人を増やしたい」ということを生きる目的にしている。この目的に繋がるように日々お客様と向き合っている。

お客様と向き合う中で、実際のところ不明なことや前に進まないことが出てくる。その時はあきらめずに出来る限りの手を尽くす。私が卒業した整体塾の先生や仲間たちと症例を共有し、研究しあう。そこには経験値とさまざまな症例と照らし合わせることができる。病院で言うカンファレンスだ。

ひとり整体院として運営しているが、全国にいる同門の方々と繋がり、日々研鑽しているので、ご安心していただきたい。それが当院の強みである。

原因がわからない不調でお悩みの方は「心整体 いきいき堂」へLINEでご相談ください。

友だち追加
よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次