6/30(日) 心整体法ワンディセミナーを開催します詳しくはこちら

パニック障害との向き合い方 〜 10代後半女性とのセッション記録

最近、メンタルクリニックでのセッションで、パニック障害と診断された10代後半の女性との2回目の会話を行いました。彼女の症状は、2年前の夏から動悸や汗が噴き出るようになり、その後は頭痛や倦怠感、食欲不振なども出始めました。これらの症状は高校卒業後の職場でも現れ、彼女は職務に支障をきたし、退職を選びました。現在は自宅で療養中です。

1回目のセッション後、大きな変化は感じられませんでしたが、少し眠りが深くなったとのこと。彼女は自分なりに変化を感じ、施術を続けてみたいと思っています。私は彼女に次回の施術を強制することはせず、通院ペースや改善の見立てを提案しましたが、最終的な判断は彼女に委ねました。彼女は自らの意思で通院を決め、焦らずに取り組んでいます。

施術中、彼女には「力み」を感じました。これはどこかで身についた癖かもしれませんが、私たちは焦らずに「脱力」を目指し、彼女の安心感を高める施術を続けていきます。

便利さが増すにつれ、依存が増える傾向があります。しかし、自分の意思を明確にすることが重要です。私たちは彼女と共に、焦らずじっくりと向き合い、彼女が健康な状態に戻ることをサポートしていきます。

パニック障害は自分自身の力で克服することができます。私たちは彼女の治療を通じて、彼女の自立と成長を支援していきます。

また、現代社会では様々な便利さがありますが、その便利さが人々の依存を助長している側面もあります。私たちはナビゲーションに頼りすぎることで、道に迷ったときの自己解決能力を失ってしまうこともあります。彼女の治療においても同様で、私たちは彼女が自らの力で症状と向き合い、克服することを重視しています。

このような考え方は、自己肯定感を高め、自己効力感を向上させるのに役立ちます。私たちは彼女に寄り添いながら、彼女の成長と回復を支援していきます。


心整体 いきいき堂では、心と身体のこと、楽しむこと、日々のこと、私の想うことなど、ブログ更新していますので、お時間許せばぜひご一読ください。最後までお読みくださり誠にありがとうございました。

検査で異常なし、原因がわからない不調でお悩みの方は「心整体 いきいき堂」へご相談ください。
LINEまたはインスタを登録していただきメッセージをお送りください。

友だち追加
よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次