7/28(日) 心整体法ワンディセミナーを開催します詳しくはこちら

なぜ、さすると人はゆるむのでしょうか?

人間の体には皮膚感覚器が備わっており、皮膚に刺激を与えるとその情報が脳に伝わります。刺激が荒っぽい場合、脳は不快を感じますが、軽微で継続性のある刺激は脳に快感をもたらします。この快適な刺激の代表例が、自律神経整体の基本技である「さすり」です。

さすりは、その技術の熟練度に応じて幅広い効果をもたらします。上手なさすりほど気持ちよく感じることができ、施術を受けたことがある方なら、その効果を実感していることでしょう。逆に、不快な刺激は生体にとって危険信号となり、交感神経を興奮させて筋肉を緊張させます。一方、快感を感じる安全な刺激は、副交感神経を活性化させ、筋肉をゆるませるのです。

では、皆さんはどのようなときにさすられたいと感じるでしょうか?身体が冷えて血行が悪くなっているときや、緊張や不安で心が落ち着かないときがその代表例でしょう。身体が緊張して固まってしまったときに、人間はさすりを求めるのです。このようなときにさすりを受けると、副交感神経が優位になり、毛細血管の血流が増加し、皮膚温が上昇し、皮膚の代謝が高まります。

気持ちのよいさすりができると、肌がしっとりしてツルツルになり、温かくなって発汗しだすという効果が現れます。これは多くの自律神経整体の経験者が体験しているところです。特定の部位がさすられることで、副交感神経が全身に影響を及ぼし、全身の筋肉がゆるみ始めます。

さするだけで大丈夫⁈・・・と思われるかもしれません

手をさすっているだけで肩に入っていた力が抜け、肩こりが楽になるというのもよく聞かれる体験談です。さすりの効果はそれだけに留まらず、心身のリラックス効果やストレス解消にもつながります。

心整体 いきいき堂では、このような理由から自律神経整体に取り組んでいます。もみほぐしや強い力を加えることなく、さするだけで身体が反応し、ゆるむのです。これにより、体内のエネルギーの流れが整い、自然治癒力が高まります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。もし、さすりの効果を体験してみたいと思われるなら、ぜひ一度お試しください。心身ともにリラックスし、健康的な生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。


心整体 いきいき堂では、心と身体のこと、楽しむこと、日々のこと、私の想うことなど、ブログ更新していますので、お時間許せばぜひご一読ください。最後までお読みくださり誠にありがとうございました。

検査で異常なし、原因がわからない不調でお悩みの方は「心整体 いきいき堂」へご相談ください。
LINEまたはインスタを登録していただきメッセージをお送りください。

友だち追加
よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次