6/30(日) 心整体法ワンディセミナーを開催します詳しくはこちら

ひざ痛に悩むあなたへ 〜 自律神経整体が効果的な理由

昨日、ひざ痛に悩む30代後半の男性とセッションを行いました。彼は職業上、正座をする機会が多く、正座をするたびに左ひざが痛むという状況です。最近は歩行中にも突然、左ひざが痛むことが増えてきたようです。正座ができなくなることへの不安も感じています。

ひざ痛の原因と整形外科での診断

ひざ痛があるとき、整形外科ではひざの腱鞘炎や関節裏の骨片(ねずみ)、半月板の損傷が原因と診断されることが多いです。手術を勧められる場合もあります。しかし、これらのひざ痛の多くは足の使い過ぎによる筋肉の緊張が原因です。慢性筋肉過緊張により、ひざ関節が締め付けられて痛みが生じます。

足首の異常とひざ痛の関係

足首関節の異常から、ひざから下の骨がねじれ、無意識のうちに足を使い過ぎていることが多いです。この結果、O脚が進行し、ひざ痛が悪化します。多くの人は真の原因に気づかず、年齢のせいと諦めてしまうことが一般的です。

整形外科の一般的な対策

整形外科では、手術が効かない場合、痛みを軽減するために「上げ底」の靴を作ることがあります。しかし、これが逆にひざ痛を悪化させるケースもあります。

自律神経整体によるひざ痛の改善

自律神経整体では、ひざ関節周辺の筋肉や靭帯、腱の緊張を緩めることで、ひざの痛みを軽減します。また、足首やかかと、足の甲の筋肉群に対する施術で、ひざ痛の再発を防止します。

具体的な施術内容

  1. ひざ関節周辺の緊張緩和: 筋肉や靭帯、腱の緊張収縮をゆるめる。
  2. 足首の調整: 足首やかかと、足首の一番細い部分の筋肉群に施術を行う。

再発防止と完治までの道のり

30代男性の場合、職業上正座の機会が多いため、再発を繰り返す可能性があります。完治までに時間はかかるかもしれませんが、継続的な施術により痛みとお別れできる可能性が高いです。

まとめ

自律神経整体は、ひざ痛に対して効果的なアプローチを提供します。足の使い過ぎや足首の異常が原因である場合が多く、これらを改善することでひざ痛が軽減され、再発も防止できます。整形外科での手術や特殊な靴を作る前に、自律神経整体を試してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みくださりありがとうございました。ひざ痛に関するお悩みがある方は、ぜひご相談ください。


この記事を参考に、ひざ痛で悩む方々が自律神経整体の効果を理解し、適切な治療法を選ぶ手助けとなれば幸いです。

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次