自らの足で立ちなさい:心の扉を開くを読んで

 data-srcset 学び

こんにちは。心整体 いきいき堂の岩野です😀

2022年も10月に入りました。早いもので今年も残り3ヶ月を切りました。レースで例えると第4最終コーナーを回りました!みたいなところですね。

暑いなと感じていた季節もようやく涼しくなり、秋の気配になってきました。季節の変わり目(節目)は体調を崩す方が多くいらっしゃいますので気をつけてお過ごしください。

私は今年56才になったわけですが、私に年齢の近い方々が人生における節目を迎えられる時期でもあります。

企業へお勤めの方々は一旦、役目を終えられて第二の人生をスタートされたり、また残念ではございますが、この世を去る方も幾人かおられるようになってきました。

今朝、私の整体師匠である西田聡先生と朝会Zoomミーティングをしました。その中で第二の人生について話題になり、語り合いました。

「あなたは何ができますか?」と問われたら、皆さまはどう答えるでしょうか?

現在の私は「整体施術ができます!」と自信を持って言うことができます。(まだまだですけど)

もし、脱サラしていなかったら、どう答えていたのか・・・考えてみました。

「パワーポイントやエクセルを使って資料を作ることができます。」とか、「法人営業のノウハウを語ることや大人数のマネジメントの経験があります。」と言っていたと思います。言えるもののイマイチしっくりこなかったかもしれません。

なぜしっくりこないと思ったか?

勤めていた企業の看板があったからこそ、できていたことと思ったからです。企業の看板は「他力」と考えていたからでしょう。営業成績が上がったのも、マネジメントできたのも企業の看板あったからこそできたものだと考えていたのです。感謝です。

では自分の実力ってなんなの?
勤めながら、いつも考えていたような気がします。
それも理由のひとつで、無謀な脱サラしたと思います 笑

このことが正解、または不正解はないと思います。あくまでも私の思いでございます。人に評価されるものではない(課題の分離)と思っています。自分が納得できたかどうかの問題です。

毎朝の日課である「心の扉を開く」の1ページを読むのですが、本日10月4日、次のようなことが書いてありました。

10・4 自らの足で立ちなさい

必要な努力は何もしないで、深淵なスピリチュアルな人生を送りたいと期待することはできません。

他人のスピリチュアルな体験や栄光や勝利、神との一体感を自分のものとすることはできません。それはあなたが自分で探求し、自分で見つけ出さなければなりません。

今すぐ、自分で考えて行動し、自らの足で立ち、他人に頼ることはやめなさい。

ある期間、他の人にすがりついていると、その支えを投げ捨て、支えなしで歩こうとしないかぎり、一生その支えにすがって生きることになり、自分の足を永久に失ってしまいます。

スピリチュアルな道を歩む時、自分の足で立ち、外部からではなく、自分の中の直感を受けとることがとても重要です。自分の直感は、みんなそれぞれちがった形で受けとります。

決まった形ではありません。

自分のやり方を見つけ、今すぐ始めてください。

心の扉を開く(聖なる日々の言葉) アイリーン・キャディ著 一部抜粋

西田先生の薦めで毎日1ページを声を出し読んでいる「心の扉を開く」ですが、今日感じている自分の心情を察しているかのごとく、ズバリなので鳥肌が立つ時があります。

そして今朝鳥肌が立ちました。話題にし、考えていたことがズバリ記してあったからです。

自分の選んだ道を迷うことなく、日々一所懸命、歩んで行こうとあらためて思い直す次第であります。

皆さまは「自立」について、どう感じていらっしゃいますか?
それぞれの考え、行動で納得し、それぞれが幸せな日々を過ごしていただけることを願っております。

本日はここまでにします!
最後までお読みいただきありがとうございました。

原因のわからない不調でお悩みの方は「心整体 いきいき堂」へLINEでご相談ください。

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました