4/28(日) 心整体法ワンディセミナーを開催します詳細はこちら

地域の子供達をみんなで育てる 〜 とても充実した気分になりました

今日は焼山ジュニアサッカー部主催のサッカー大会に行ってみた。

焼山ジュニアサッカー部は小学生を対象とした呉市の地域スポーツ少年団クラブだ。いつも1月最初の3連休にこの大会は開催される。16チームがリーグ戦・トーナメント戦により熱戦が繰り広げられる。6年生にとっては最後の地元大会なので、小学生での集大成といっていい。

以前、私は約7年間、焼山ジュニアの指導者(コーチ)としてグランドに立っていた。コーチを離れて、もう10年くらい経っただろう。

コーチ陣は全員ボランティアでやっていた。現在のコーチ陣もそうだ。毎週、水曜日の夜間と土日はほとんどグランドで活動していた。家庭のことなど顧みずにやっていた。猛暑の日も、極寒の日も、風や雨の日もあった。夏は日焼けで真っ黒になっていた。私がいた頃から、今もコーチ陣を続けてやってくれている人がいる。自分の時間全てをこの活動に捧げる姿には感服する。

私自身、あの頃を振り返って「よくやっていたなぁ」と自分を褒める。

大変だったけど、実に楽しかった。子供達の成長と自分の成長を感じていられたからだろう。もちろん難しいことだらけだった。指導方法、子供達、保護者、他チームとの向き合い方など、悩むことも多かった。当時はサラリーマンだったが、この活動があったおかげで仕事面(マネジメント)に大いに役立っていたと思う。そしていろんな仲間ができたのも大きい。

今日は教え子が数名いた。もう二十歳を超え、イイおっさんになっていた。可愛かった子が今では、コーチや審判員として子供達の指導や運営に関わっていた。とても微笑ましい光景だった。

こうして、損得勘定なしに、サッカーというスポーツで繋がり、いろんな方が関わり、地域の子供達をみんなで育てていく。そこで育った子供達がやがて大人になり、順送りしながら継続していく。そんな環境に久しぶりに触れた今日はとても充実した気分になった。

私はちょっと顔を出しただけになってしまったが、コーチ陣、OB、親御さん、子供達、他チームの方々に敬意を表します。お疲れ様です!

大会要旨を読ませてもらう。懐かしく感じる。
よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次