4/28(日) 心整体法ワンディセミナーを開催します詳細はこちら

悩みや苦しみの原因ってなに? 〜 心の反応

悩みや苦しみの原因って何だろう?そんなことを考えたことはないだろうか・・・
今年の夏から坐禅を始めた。その時に和尚から聞いたこと。その後自分で調べたこと。それらをこのブログに書いてみる。

仏教の世界では悩みや苦しみの原因は「執着」にあると語られている。その執着とは手放せない心。しがみつき、こだわってしまう、怒りや後悔や欲望といった思いである。

なぜ、執着を手放せないのか。

それは、心が反応してしまっているからと言われている。

「心の反応」

我々は日々の生活や仕事の中で「反応」している。嫌なことがあって腹を立てる。思い通りにいかない現実に焦る。他人の目を感じる。そして自分を疑ったり、不安を感じる。

心の反応はこんなことをもたらす。ついカッとなった怒りをぶつけて人間関係を壊してしまう。大事な場面で緊張してしまい能力を出せず失敗してしまう。忌まわしい過去を思い出して苦い後悔に沈んでしまう。考えすぎて「自分はダメな人間だ」と落ち込んでしまう。よくあることだと思う。

「心の反応」が執着を手放す以前に悩みや苦しみを作り出しているのである。

私自身も思い当たる。「まったくそのとおり。私はいつも反応しているし、結果がうまくいかなくて、悩んでいることが多々ある。」と思わずうなずいた。

この「反応」こそが悩みや苦しみの正体。つまり原因ということだ。それが人生のトラブルや悩みを引き起こしている。人は悩みに直面するとつい反応して「闘おう」とする。不愉快な相手、ままならない現実に真っ向から向き合って、反応して無理やり、変えて見せよう、打ち勝って見せようと、もがいて、あがく。

しかし、闘って勝てることはほとんどない。

まずは我々が日々心がけなければいけないことは「無駄な反応をしない」ことだ。どうやって反応しなければいいのかは、次に話を聴き、調べてみて自分で納得したら、またブログ記事にしようと思う。

近所の山を見ると紅葉し始めたが・・・今年は遅いかも

原因がわからない不調でお悩みの方は「心整体 いきいき堂」へLINEでご相談ください。

友だち追加
よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次