5/25(土) 心整体法ワンディセミナーを開催します詳しくはこちら

判断からの解放 〜 執着からの自由への道(長女の泣きながらの電話で学んだこと)

先日、長女が泣きながら電話をしてきた。彼女は昨年結婚し、ご主人と関西で二人暮らしをしています。その電話で彼女はご主人との思い違いに悩んでいることを打ち明けました。私は長女の味方ではないため、彼女とご主人の両方の立場を考えながら、中立的かつ冷静に彼女の話を聞いていました。

長女の話を聞いているうちに、人々がなぜ判断を下したがるのか、その背後にある理由について考え込むようになりました。判断を下すことにはいくつかの理由があるように思います。まず一つは、判断を下すこと自体が何らかの快楽をもたらすからです。何かを判断することで、私たちは自分の意見や立場をはっきりさせることができ、安心感を得ることができます。その結果、自分の考えや意見が正しいと確信することができ、心地よい快感を感じるのです。

もう一つの理由は、判断を下すことで他者からの承認を得ようとする心理が働いているからかもしれません。例えば、ケンカした後に、自分の立場を他人に認めてもらおうとすることがあります。このように、判断を下すことで他者からの支持や肯定を得ようとするのです。

しかし、このような判断による快楽は一時的なものであり、その後にはしばしば苦しみが伴います。なぜなら、判断に固執することで常に期待や要求を抱えることになり、時間が経つにつれて再び苦しみを感じることがあるからです。

仏教の教えによれば、この苦しみの背後には「執着」があるとされています。判断に執着することは、その一形態であり、自分自身や他者を苦しめることにつながります。では、どのようにしてこの判断から解放されることができるのでしょうか。

まずは、判断が妄想に過ぎず、そのことに気づくことが重要です。判断を下すことは頭の中で起こる現実ではなく、妄想に過ぎないのです。この気づきがあれば、判断から解放されることができるのです。


心整体 いきいき堂では、心と身体のこと、楽しむこと、日々のこと、私の想うことなど、ブログ更新していますので、お時間許せばぜひご一読ください。最後までお読みくださり誠にありがとうございました。

検査で異常なし、原因がわからない不調でお悩みの方は「心整体 いきいき堂」へご相談ください。
LINEまたはインスタを登録していただきメッセージをお送りください。

友だち追加
よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次