4/28(日) 心整体法ワンディセミナーを開催します詳細はこちら

病院にて起立性調節障害と診断され、朝起きることができない、頭痛、吐き気、めまいで立っていられず学校に行くことができない 〜 広島市安佐北区 10歳代男性

どのような症状でお悩みでしたか?

・朝起きることができない。
・起きると頭痛、吐き気、起き上がっていられない
・車酔い(ひどい)
・初期は1日中気持ち悪さが続く

どのような変化がありましたか?

・通い始めて5ヶ月現在、朝起きて登校する事はまだ難しいが起床時間は少しずつ早くなってきた。
・お昼頃から登校できるようになった。
・体が柔らかくなった
・自分の気持ちを伝えてくるようになった。
・身体が緩むと心も緩んでくるのを感じた(親として)

感想がありましたらお聞かせください

なかなか新しい場所に行きたがらない息子でしたが、岩野さんがかけてくれる言葉、施術に少しずつ心を開いていくようでした。特にサッカーの話ができるので楽しかったようです。今では気持ちも前向きになり、来週ついに試験の日を迎えます。高校で精いっぱいサッカーを楽しみたいと言ってます。ここまでになったのは岩野さんのおかげです。まさに”心整体”。親子とも救われました。ありがとうございました。


私のコメント

お客様の声に寄稿いただき、ありがとうございました。心より感謝いたします。

当院に初めて来られたのは、昨年の夏の終わりでした。朝起きた時に頭痛がするようになり、めまいや倦怠感、吐き気も伴っていました。しかし、夕方は調子が戻るので、なぜなんだろう?とご本人も親御さんもわけがわからない状態だったようです。病院では起立性調節障害と診断され、血圧を上げる薬の処方がありました。漢方薬も飲んでいたようです。親御さん、ご本人共に「薬を飲んでも・・・」ということで当院に来られました。はじめに問診した時の症状は次のとおりです。

  • 頭が痛い
  • めまいがする
  • 吐き気がする
  • 眠れない、熟睡できない
  • 食欲がない
  • なんとなくしんどい
  • 車酔いする

朝起きれない、学校に登校できないというと、私の年代では怠けているのではないか?と疑ってしまうものです。しかし、怠けているわけでは決してないのです。身体が思うように機能してくれなくなっているのです。

彼は、はやく学校に行って友達と会話がしたかったり、部活(サッカー)を真剣にやりたいと強く思っていました。だけど身体があまりにもしんどいので、しだいにその思いも失せていっているという状態でした。私が彼と週1に会うようになってしばらくは彼からエネルギーを感じない雰囲気でした。

週1の施術を始めて、4回(約1ヶ月)経過したころから、頭痛が気にならなくなってきました。しかし、倦怠感や吐き気は続いています。頭痛が気にならなくなってきたということで、彼の身体が少し変化をしてきたと思います。実はここがターニングポイントなのです。

ここから彼には少しだけ課題をやってもらうようにしました。夜になってスマホの操作は控えること、寝る時は枕元にスマホを置かず遠くに離すこと、朝起きて頭が痛くないときにベランダに出て太陽を浴びてもらうこと、曇りでも雨でもかまわずです。そしてベランダから遠くの景色を眺めるようにすることをやってもらいました。これらには大きな意味がありますが、ここでは説明が長くなるので割愛します。

そして、もう少し施術回数を重ねてくると、めまいがなくなってきていました。しかし、気持ちの悪さや吐き気は残っています。この段階から簡易な体幹トレーニングや脱力体操なども取り入れていきました。

症状がだんだん改善してくるので、親子共々希望の光が見えてくるのですが、このあたりで後退するような症状に見舞われます。頭痛やめまいはしなくなっているのですが、気持ち悪さが増してきて、お昼になっても学校に行けない状態になってしまったのです。第2のターニングポイントです。

実はこれはよくあることです。体調は常に変動しているので不安定な時期なのです。心配しなくていいのです。つらいけど淡々と施術と個人課題を続けていくのです。100日程度で身体(細胞)が入れ替わるので安定するには時間が必要なのです。親御さんもご本人も“非常に焦る”ポイントになります。前よりも後退(気持ち悪さ・吐き気が増す)しているのはより戻そうとしている副交感神経反射が考えられます。後退症状が出るということは、彼の身体は正常であるということなのです。

彼は男の子ですし、あまり多くを語りません。なにがあったかはわかりませんが、こうなるには今まで抱えていた精神的なストレスもあると思います。それを上回るエネルギー量が必要なのですが、本人が生み出すエネルギーが追いついていないという一面もあります。そこで、本人の夢というか、どうしたいか、どうなっていきたいかを私と一緒に考えていくタイミングになってきました。彼自身の精神的エネルギーを高めていきます。不調なときは足元ばかりを見てしまいます。それは仕方ありません。足元ではなくてもうすこし先コーナーの出口をみていきたいのです。

そんなことをしながら、かれこれ5ヶ月あまりが経過したのですが、総じて言えることは彼も親御さんも焦りはしましたが、素直に行動されたということです。1回目のターニングポイントで症状が少し改善するので、このタイミングで生活スタイルを変えていかなければなりません。しかし、少しよくなると夜中にスマホ操作や、昼間でもYouTube動画をずっとみたりするものです。彼はそこに行かず変えたんだと思います。

2回目のターニングポイントでは、焦りが出てきて諦めてしまう方もいらっしゃいます。続けてもダメだ〜というふうに思うのです。また薬の道を辿ったりします。それも仕方ないと思うのですが、やはり淡々と続けた方が、結果的、早道だということです。

まだ、学校に行ける日と行けない日があるみたいですが、彼から発せられるオーラが明らかに変わりました。目の輝きと言葉がしっかりとしてきました。あとは彼自身のエネルギーで変わっていくと思いましたので、継続していた施術は卒業としました。1ヶ月または2ヶ月後にメンテで来るくらいでいいと判断しました。調子が良ければ来なくていいと伝えています。

高校進学したらサッカーで活躍したいという活力が湧いています。行きたい高校の試合も積極的に見学に行っているそうです。これからも山あり谷ありだと思うのですが、前に進み続けてほしいと思っています。そして彼は起立性調節障害を経験したものとして、人にも優しくなれると思っています。この経験は彼にとって必然だったのです。

頑張れ!応援しています!

原因がわからない不調でお悩みの方は「心整体 いきいき堂」へLINEまたはインスタでご相談ください。

友だち追加
よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次