4/28(日) 心整体法ワンディセミナーを開催します詳細はこちら

首痛、首こり、肩こり、背中の痛み・つっぱり、手足の冷え、寝つきが悪く、とても不快で勉強に集中できない日々が続く 〜 広島県呉市 20歳代女性

来院する前の症状や痛みについて教えてください

長時間のデスクワーク、前かがみな生活習慣による首筋・背中の痛みや突っ張りなどの違和感を感じていました。また、血流の悪さによる手足の冷えも不快でした。

来院されてから変化がありましたか

張りつめていた筋肉がゆるみ、体全体が軽くなるような感覚が生まれました。

施術後、一番の改善点はなんですか

首や背中のこりによる不快感から、就寝時もなかなか寝付けなかったり、手足の冷えにより勉強などに集中できない日々が続いていましたが、こういった体の不快感が解消されました。

改善してからやってみたいこと、もしくは出来るようになったことはありますか

体の痛みが改善され、無理なく体を動かすことができるようになったので、柔軟やストレッチのレパートリーを増やしてもっと楽しみたい。

他の人にオススメするとしたら

施術の間、先生にお話を聞いていただき、自分を客観的に見つめ直し、自らのストレスと上手く向き合っていくことができるようになりました。心身ともに、負担が軽くなるという感覚が味わえること、さらに施術後も個人に合わせたセルフケアで痛みを治癒する方法を教えていただけるのもオススメです。


私のコメント

お客様の声に寄稿していただき誠にありがとうございました。心より感謝いたします。

当院に初めて来られた時は次のような症状を抱えておられました。

  • 頭痛がする
  • 首がこる(※最近激しくこって気分が悪い、腕にまで響く)
  • 首を動かすと痛い
  • 肩がこる
  • 背中がこる
  • 腰が痛い
  • 腰が重い、だるい
  • 眠れない、熟睡できない
  • 不安感や焦燥感がある
  • 下痢気味
  • 慢性疲労や倦怠感がある
  • 何となくしんどい、だるい
  • 朝、スッキリ起きれない
  • 寝ても疲れが取れない

首のこりがひどくて我慢できないとの訴えが主でしたが、全身に及んでいることがわかります。病院で診断されると多分、「自律神経失調症」となると思います。そして血液検査や画像診断の結果、「原因はわかりません」ということになり、「気のせい」、「自律神経の乱れ」でしょうと言われ、それでも不調を訴えると痛み止め薬や向精神薬が処方されます。

不調が出ているには原因があります。この方の場合、背中側の筋肉がとても緊張状態になっていました。筋肉が緊張するなんて言葉は聞いたことがないと言われます。

筋肉が過度に緊張することによって、収縮のメリハリがつかず、体液循環の不良を起こします。栄養、酸素の配分や老廃物の回収が滞るために不調症状が出ているのです。筋肉が緊張していることを自律神経がモニタ〜し、交感神経優位が継続してしまい、内臓不調や不眠なども引き起こしてしまいます。

なぜ筋肉が緊張したのか?それは精神的なストレスと不良姿勢の継続です。一朝一夕では過緊張しません。積み重ねてそうなっています。当院ではそれをゆっくりとほどいていきます。一気にほどいても一時的で再発します。

Nさんは焦らず、地道に素直に取り組まれました。その結果、当初のような症状から解放されました。勉強のしすぎで首がこるくらいと言われておりました。セルフケアをお伝えしていますので、そこはご自分で解消できるのではないかと思っています。

まだ年齢がお若いので、これからやりたいことがいっぱいあると思います。勉強に仕事に遊びにいきいきとエンジョイしてくださいね。

原因がわからない不調でお悩みの方は「心整体 いきいき堂」へLINEまたはインスタでご相談ください。

友だち追加
よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次