6/30(日) 心整体法ワンディセミナーを開催します詳しくはこちら

初夏の柴犬飼育 〜 必要なケアと費用について

こんにちは。私は柴犬の小春(7歳のメス)と暮らしています。過去には秋田犬を飼っていたこともあり、日本犬が大好きです。犬の飼育には季節ごとに特別なケアが必要ですが、特に初夏は費用がかかる季節です。ノミ・ダニ対策、蚊が原因となるフィラリア対策、狂犬病予防接種など、さまざまなケアが必要です。

初夏の犬のケアにかかる費用

以下は、柴犬の小春に必要なケアとその費用の一例です。

項目費用
狂犬病予防注射料3,000円
注射済票交付手数料550円
フィラリア対策(6ヶ月分)9,000円
ノミ・ダニ対策5,400円

これらの費用は犬の健康を守るために必要なものです。特にフィラリア対策は重要で、過去に飼っていた犬がフィラリアにかかり、大変な治療を経験しました。フィラリアは心臓に寄生し、放置すると命に関わります。

フィラリア対策の薬です。1ヶ月1錠で6ヶ月間服用します。

ノミ・ダニ対策の重要性

ノミやダニも犬にとって大きな問題です。過去に秋田犬がダニに刺されて大変な思いをしました。柴犬の小春には同じ苦しみを味わわせたくないので、しっかりと対策を行っています。

ノミ・ダニ対策の薬です(これを年間に1錠だけ)

その他の費用と注意点

上記のケア以外にも、混合ワクチン接種などの追加費用が発生することがあります。毎月のエサ代や突発的な病気による治療費も考慮する必要があります。例えば、皮膚トラブルや消化器系の問題が発生することがあります。私の経験では、小春は軽い皮膚トラブルや下痢を経験しましたが、適切な治療で早く回復しました。

健康な犬を迎えるためのポイント

犬を飼う際には、健康で元気な個体を選ぶことが重要です。特にミニタイプの犬は体が弱いことが多いので、よく調べてから飼育することをおすすめします。

まとめ

犬の飼育にはさまざまなケアと費用が伴いますが、適切な対策を講じることで健康を保つことができます。これから犬を飼おうと考えている方は、ぜひ参考にしてください。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今日は遠征散歩にお出かけです
広島市南区の比治山公園を散歩しました
お昼になったので、私はお弁当をいただきました。小春は別のおやつがあります。
よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次