痛みやコリがあるわけではない・・・

 data-srcset 思想・考え方

こんにちは。心整体 いきいき堂の岩野です。
定休日のブログでございます。

当院は「万病の元は筋肉の過緊張が原因」を基本として、さまざまな不調に対応しています。皆様の健康にお役に立てれば幸いです。

今回のテーマは、痛みやコリがあるわけではない。
しかし、なぜか不調が日々が続く。

まず整体と聞いてイメージするのは
「整体=腰痛・肩こり」・・・ですよね。

痛みやコリがあるわけではないが、不調なんです。といった場合、どうしたらいいのか?

例えば、めまい、耳鳴り、寝れない、吐き気、どんよりした気分、まぶたピクピクが続く、顔面の半分に違和感がある、胸あたりでドクドク脈打つなど、痛みやコリがあるわけではないけど、さまざまな症状があるのですが、そういった場合、心理的ダメージを受けていらっしゃることが多くなっています。

これらの不調を内科などで相談すると心療内科(メンタルクリニック)や精神科を勧められることが多いです。
会社にお勤めの場合は、勤務医や保健士さんに相談しますが、その場合もメンタルクリニックを紹介されます。

メンタルクリニックでの治療は、主に「お薬」です。

「デパス」などのお薬が処方されています。
(私のところでよく聞くお薬名です。)

ちなみに代表的なデパス錠0.5mgのお薬 基本情報を引用してみます。

デパス錠0.5mg 基本情報
ベンゾジアゼピン系抗不安薬

脳の興奮を抑えることで不安、緊張、不眠などを改善する

効能・効果
・胃潰瘍の身体症候
・胃潰瘍の緊張
・胃潰瘍の睡眠障害
・胃潰瘍の不安
・胃潰瘍の抑うつ
・筋収縮性頭痛の筋緊張
・筋収縮性頭痛の緊張
・筋収縮性頭痛の不安
・筋収縮性頭痛の抑うつ
・高血圧症の身体症候
・高血圧症の緊張
・高血圧症の睡眠障害
・高血圧症の不安
・高血圧症の抑うつ
・十二指腸潰瘍の身体症候
・十二指腸潰瘍の緊張
・十二指腸潰瘍の睡眠障害
・十二指腸潰瘍の不安
・十二指腸潰瘍の抑うつ
・神経症の緊張
・神経症の神経衰弱症状
・神経症の睡眠障害
・神経症の不安
・神経症の抑うつ
・心身症の身体症候
・心身症の緊張
・心身症の睡眠障害
・心身症の不安
・心身症の抑うつ
・腰痛症の筋緊張
・腰痛症の緊張
・腰痛症の不安
・腰痛症の抑うつ
・頚椎症の筋緊張
・頚椎症の緊張
・頚椎症の不安
・頚椎症の抑うつ
・総合失調症の睡眠障害
・うつ病の緊張
・うつ病の睡眠障害
・うつ病の不安

重な副作用

眠気 、 ふらつき 、 倦怠感 、 眩暈 、 歩行失調 、 頭痛 、 頭重 、 言語障害 、 口渇 、 悪心 、 嘔気

重大な副作用
脱力感 、 薬物依存 、 痙攣発作 、 譫妄 、 振戦 、 不眠 、 不安 、 幻覚 、 妄想 、 離脱症状 、 呼吸抑制 、 炭酸ガスナルコーシス 、 悪性症候群 、 発熱 、 強度筋強剛 、 嚥下困難 、 頻脈 、 血圧変動 、 発汗 、 白血球増加 、 血清CK上昇 、 血清CPK上昇 、 ミオグロビン尿 、 腎機能低下 、 横紋筋融解症 、 筋肉痛 、 血中ミオグロビン上昇 、 尿中ミオグロビン上昇 、 間質性肺炎 、 咳嗽 、 呼吸困難 、 肺音異常 、 捻髪音 、 肝機能障害 、 黄疸 、 AST上昇 、 ALT上昇 、 γ−GTP上昇 、 LDH上昇 、 Al−P上昇 、 ビリルビン上昇

上記以外の副作用
発疹 、 眼症状 、 健忘 、 刺激興奮 、 錯乱 、 過敏症 、 紅斑 、 乳汁分泌 、 女性化乳房 、 高プロラクチン血症 、 眼瞼痙攣 、 瞬目過多 、 羞明感 、 眼乾燥感 、 酩酊感 、 興奮 、 焦燥 、 霧視 、 眼調節障害 、 呼吸困難感 、 動悸 、 立ちくらみ 、 食欲不振 、 胃部不快感 、 腹部不快感 、 嘔吐 、 腹痛 、 便秘 、 下痢 、 蕁麻疹 、 そう痒感 、 易疲労感 、 筋弛緩 、 筋緊張低下症状 、 排尿障害 、 浮腫 、 鼻閉

(日経メディカル 処方薬事典より)

効能・効果に対し、副作用の可能性が多岐にわたってありますね。まさに不調症状そのものです。
薬を服用しているのに不調が続くのも、あながちわからないことでもありません。

当院では心理的ダメージの場合、身体の筋肉過緊張を疑います。
どの部位の筋肉か?

それは全身といっていいと思います。
あえていえば、頭部から腰部にいたる体の背後と中心部。

なぜ、全身なのか?
人間は「ファシア」で覆われ、つながっているからです。
それはボディスーツのようであると例えたらいいのでしょうか。

人間は未だ解明されないことがある自然生命体です。
機械のように修理箇所を取り替えればいいというものでもありません。
常に全身が連動しているのです。
もちろん心と体も連動しています。だから全身と言わせてもらっています。

当院はしっかりお話を聴かせていただいて、筋緊張をゆるめるようなアプローチ・施術をしていきます。
痛みやコリがあるわけではないのに不調が続く。
このような症状でも当院にご相談ください。

症状を改善するのはあくまでもご本人です。
他人任せ・薬任せでは一向に改善に向かいません。自然生命体である人間は条件が整えば、必ず良い方向に向かいます。
私は寄り添い、ともに伴走しますのでご安心ください。

本日はここまでです。
それはまた!

原因のわからない不調でお悩みの方は「心整体 いきいき堂」へLINEでご相談ください。

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました