病院に行っても解決しない謎の不調とは?

 data-srcset 症状
  • なんとなく気分が沈む
  • 何をするにも億劫(おっくう)に感じる
  • ついイライラして怒りっぽくなる
  • めまいや頭痛
  • 動悸
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 冷えやむくみ
  • 不眠

忙しい日々に追われていると、上述のような不調を感じる場面が多々あります。このような不快な身体症状に悩まされている人も少なくないと思います。

病院で詳しく検査しても、特に原因が見つからない場合、これらの症状は「気のせい」、「自律神経失調症」、「疲れ」としてひとくくりにされてしまいがちです。

どうしてこのようなことになるのか?その疑問にお答えします。

この記事を書いている私は、自律神経不調専門の整体、「心整体 いきいき堂」の整体師として活動しています。

まず、疲れとは?

疲れには対処の必要な疲れとそうでない疲れがあります。

趣味やスポーツで思いきり体を動かした後に感じる心地よい疲労感は、体にとってプラスになる疲れといえます。

一方で、仕事や人間関係で強いストレスを受けると、たとえ肉体を酷使していなくても体がずっしりと重くなるような酷い疲れを感じることがあります。

問題となるのはこうした不快な症状を伴う疲れです。

不快な症状を感じるとき、私たちの体ではどのような変化が起こっているのでしょうか?

そのカギを握るのが「筋肉」です。

筋肉の緊張→自律神経の乱れ

不快な症状を感じるとき、私たちの体ではどのような変化が起こっているのでしょうか?

  • パワハラ
  • 長時間労働
  • プレッシャー
  • 夜ふかし

このような体験をされた方は思い出してみてください。

背筋を中心に体がギューとして硬く感じてしまう状態になっていませんでしたか?
人間は生命を守ろうとします。その命を守ろうとして身を硬くしてしまうのです。硬くしてしまう=筋肉を緊張させるということになります。

筋肉が動かない状態になるといってもかまいません。

怒りや緊張といった強いストレスに直面すると筋肉が緊張(緊張しっぱなし)して、筋肉をモニターしている自律神経が交感神経と副交感神経、どちらを優先してよいのか、わからなくなり、バランスが乱れてくるということなのです。筋肉が緊張しているということは交感神経が優位になっていることが考えられます。昼間はいいのですが、夜間になってもこの状態ではバランスが乱れるのも当然となります。

ですから強いストレスが自律神経を乱して不調の元凶になっているという仕組みがおわかりいただけましたでしょうか?

不調を回復させるには?

強いストレスにより、硬くなった体、もう少しミクロにしますと硬くなった筋肉をゆるめることが回復へのカギとなります。

筋肉がゆるめば、それをモニターしている自律神経も整い始めます。

病院へ行っても、わからない・・・自律神経失調症ですと言われていたことに対する回復への道が見えてきます。

もちろん、要因の大元である仕事や人間関係についても改善しなくてはなりません。心理面のケアも必要になります。

自分の過去と他人を変えることはできません。

パワハラや他人とのトラブルなどについては自身の心の在り方を変えていくしかありません。

自身の生き方や在り方を振り返り、見直しを早急にしていくのがよいと思います。ここが変わらないとまた繰り返してしまうことになります。

まとめ

病院に行っても解決しない謎の不調の正体は筋肉の緊張です。
まずは緊張した筋肉をゆるめることをしてみましょう。
わからないときは自律神経不調を専門としている整体院などをご利用するとよいのではないでしょうか。

あと、心理面のケアも必要です。

他人を変えることはできませんので、まずは自身の生き方、在り方を見直しましょう。カウンセリングなどを利用してみるのもよいと思います。


本日はここまでです。
いかがでしたでしょうか?病院では自律神経失調症と診断され、お薬が処方されますが、それを服用するだけでよいのでしょうか?本当にお薬だけで解決する問題なのでしょうか?一時的な対処でしかありませんか?・・・現代社会では謎の不調を抱える方が後を絶ちません。根本的に改善することをオススメします。

原因のわからない不調でお悩みの方は「心整体 いきいき堂」へLINEでご相談ください。

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました